事業紹介|ひたちなか・東海クリーンセンター施設整備および運営事業

ひたちなか・東海ハイトラスト ひたちなか・東海ハイトラスト
ひたちなか・東海ハイトラスト
事業紹介
施設紹介
施設概要
施設名称 ひたちなか・東海クリーンセンター
施設住所 ひたちなか市新光町103番地2
敷地面積 約38,000u
煙突高さ 59m
ごみ処理方式 ・ストーカ炉 220t/日(110t/24h×2炉 )
・灰溶融炉(電気式) 処理能力25t/日
・余熱利用 蒸気タービン発電
最大発電出力 約4,600kw
施設の特徴
施設の特徴
ゴミ処理フローシート
ゴミ処理フローシート

※画像クリックでPDFが表示されます

設備の紹介

●プラットフォーム

●ごみピット・ごみクレーン

●焼却炉

プラットフォーム
ごみピット・ごみクレーン
蒸気タービン発電機

計量を終えた収集車はこのプラットフォームに移動し、ごみをごみピットへ投入します。

ごみピットに投入されたごみは、ごみクレーンにより撹拌されたあと焼却炉へ運ばれます。

炉内へ入ったごみは、ダイオキシン発生を抑制するため850℃以上の高温で焼却されます。

●蒸気タービン発電機
蒸気タービン発電機
ボイラで発生した蒸気によって駆動され、発電しています。この電力は所内電気をまかない、余剰電力は売電しています。

●灰溶融炉 灰溶融炉
焼却灰を、約1200℃の高温で溶融し、減容・無害化して、資源化を図ります。

●減温塔
減温塔
排ガスに水を噴射し、温度を下げ、集じん装置が能力を十分発揮できる温度にしています。

●集じん装置(バグフィルター)
集じん装置(バグフィルター)
排ガス中のばいじんをフィルターによって除去し、ダイオキシン類、重金属類も除去します。

●触媒反応塔
触媒反応塔
排ガス中にアンモニアガスを吹き込み、触媒を介して窒素酸化物を還元分解除去しています。

●中央制御室
中央制御室 施設内の機器監視・操作はここで行っており、本施設の頭脳と言えるところです。
●スラグ
スラグ 溶融された灰はスラグと呼ばれるものになり、道路等に有効利用されています。
●メタル
メタル 灰中の金属部はスラグと別に取り出し、銅の原料等に有効利用されています。